中古住宅を購入からリフォームするときの流れについて。

私は、武蔵村山市に住んでいますので、中古戸建て 武蔵村山市、新築戸建て  武蔵村山市などで調べ物件を探していたものでした。結局中古戸建を買い、リフォームすることになりました。

リフォームするときの流れを把握する

リフォームするときのフローをあらかじめ知っておけば、物件探しとリフォームを手際よく進めることができます。

リフォームのイメージを固める

お探しの物件の築年数によっては、大掛かりなリフォームが必要になることがあります。どれぐらいのリフォームをするか想定し、リフォームに関する多種多様な情報を集めます。

マンションの場合は、「管理規約」などでリフォームできる範囲などが定められていることが多いので、早めにチェックするとよいでしょう。

リフォーム予算を決める

雑誌やインターネットなどの類似事例からだいたいの見当を付けたり、物件の仲介をした不動産会社に相談するなどして、希望するリフォームでどのくらいの費用になるか目安を立てます。リフォーム費用が高額になるケースでは、ローンの利用を検討します。

リフォーム業者を探す

情報収集した施工事例などを元に、自分が希望するリフォームの実績が多くあるリフォーム事業者を数社選びます。各事業者の会社概要や工事実績、リフォームの進め方などの情報も手に入れておきましょう。

見積書・提案書の提出の依頼をする

セレクトしたリフォーム事業者に現地調査を依頼し、希望内容を伝えた上で、見積書・提案書の提出を求めます。

リフォーム事業者を決める

提出された事業者の提案書や見積書に関して、金額やリフォームの内容や施工体制、保証内容などをチェックし、契約する事業者を1社に絞ります。

リフォーム工事の請負契約を結ぶ次のステップ

相見積もりは大まかな条件に基づく概算になりますので、契約前に、最終的なリフォーム内容や見積もりを確定させます。
それから、正式に工事請負契約を結びます。

リフォーム工事を行う次のステップ

マンションの場合は、工事前に管理組合にリフォーム工事の申請が求められます。リフォーム工事中は、工程表通り工事が進んでいるか、契約通りの工事内容になっているかをチェックします。

引き渡しを受ける

リフォーム工事が終了したら、竣工検査を行います。それから、工事費の精算をして、引き渡しを受けます。

購入後にスタートすると入居までに時間がかかる

 

リフォームを行うには多くのステップを踏むことになりますが、リフォーム工事に着手できるのは、中古住宅の代金を支払い物件の引き渡しを受けてからになります。しかしながら、それからリフォームのイメージ固めをスタートしていると、リフォーム工事が終わって実際に入居できるまでにかなりの時間がかかります。中古住宅を購入した後、リフォーム工事に着手するまでの期間をできる限り短くするには、物件選びと並行して、リフォーム事業者選びやリフォーム資金の検討などを進めておくことが必要です。